スポンサーリンク

ダダンッ

さぁさぁ
今宵もやってまいりましたぁ〜

カンキとich(いち)のぉ〜 icon-music 

クリスチャンレディオ!

前編に引き続き、クリスチャンブロガーの2人でお送りしています。

カンキさん、ここは「日本G&M文化財団」の中にあるレコーディングブース…なんですよね?

そうなんです!我々、財団の活動を知るためにオフィスへ来ちゃったんで・す・が!

なぜか今はレコーディングブースの中にいるという…!

オフィスの中にレコーディングスタジオがあるってスゴくないですか!?スゴすぎませんか!?

 

〜前回までのあらすじ〜

日本G&M文化財団という財団の活動を知るために、実際にオフィスへお邪魔したクリスチャンブロガーのカンキと ich(いち)。

理事長に取材をしたり、会社の理念を聞くうちに、だんだんと財団の方向性について知ることができた2人が次に訪れたのは、オフィス内に突如現る!?本格的なレコーディングブースだった・・・

▼前編はコチラ

時代は聴く聖書!?「日本G&M文化財団」の活動を取材してきた

2019.03.06

 

監督!

我々のラジオいかがでしたか!?

う、うん。そうだね。

ラジオ…もし2人が良ければ、何かやってみるのも良いかもね…(苦笑)

人物紹介:川幡 浩(かわばたひろし)監督

学生時代から音楽雑誌のライターや、ラジオ番組の構成・選曲・DJを手掛け、大学卒業で東京12チャンネル(現・テレビ東京)に入社。テレビ東京ミュージシャンを経て、現在フリーランスで番組やCM制作などを行っている。5年間、FM局(InterFM)でラジオ・パーソナリティとしても活動。テレビ、音楽、ラジオなどのプロデューサーや構成作家という肩書きを持っている多才な監督。

 

実際にレコーディングブースではどんなことが行われているの?

ここでは普段、どのようなことが行われているんですか?

あ、ここはね、聴くドラマ聖書という「耳で聴くドラマアプリ」の制作現場でもあるんです。プロの俳優さんや声優さんをキャスティングしてここに来てもらって、このスタジオを使って録音させてもらっていますね。

▼聴くドラマ聖書の一部音源

 

ぬえ!?

プロの俳優さんや声優さんが来るの!?

(ぼくらは何という場所でおふざけをしていたんだ)

 

ノンクリスチャンなのに、聖書のオーディオドラマバイブルを作る!?監督の思いとは。

ここからは実際に、監督に制作中のアプリ「聴くドラマ聖書」に関してのお話などを聞いていきたいと思います。

監督!よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

(こういうの、普段受けないから緊張するなぁ…)

では早速質問に移りたいのですが、監督は「ノンクリスチャン」とお聞きしました!

今回の聴くドラマ聖書の制作に携わるきっかけは、何だったのでしょうか?

えぇ!監督、ノンクリスチャンなの!?

はい、そうなんです。なので、このお話がくるまで、一度も聖書を読んだことがありませんでした(笑)

最初のきっかけは、理事長にお話をいただことなんですが、ぼく、「できないです」って仕事を断るのが昔からすごく嫌いで。

なんでも「できます、やります」って答える人なんですよ。

えぇ!それはすごい…!

どんなお仕事でも、ですか?

はい、なんでも(笑)だって、できないって言ったら二度とその話は来ないじゃないですか。

それに、「出来る?」って聞かれるってことは、それだけ今の私に期待してくださっているということですから、「やらせてください」とお返事して制作に取り掛からせてもらいました。

監督、スゴすぎる…。

では、アプリ作成の中でノンクリスチャンならではの戸惑いや、困ったことなどはありましたか?

聴くドラマ聖書は、すでにハリウッド版があって韓国版ができているので、今回の作品で3つ目になるんですよね。

だからこそ、絶対比較されるな、というのはありました。 あとは日本版の特殊性、ですかね。

日本版の特殊性、というと…?

これは完全に読む書籍ですから、脚色できないわけじゃないですか。一言一句変えてはいけないというところがすごく難しかったです。

それこそ、最後の「。」や「、」も活かさなければならないですし、役者や声優さんは役柄に入ってくると言葉が変わってきたり、読みじゃなくなることも多いんです。

言葉を変えることができないながらに、感情移入して、ドラマとして組み立てていくのは、相当難しかったです。

確かにそうですよね…。

それぞれのキャスティングなども困りませんでしたか?

困りましたね(笑)キャストは、みんなで相談したり、 監修していただく牧師に聞いたりして決めたんですが、みんなそれぞれ思い描く像があったりするじゃないですか。

だから、これくらいでいいんじゃない?と言うと、違うな!という人が出たり…。

年齢や関係性などはクリスチャンでも理解するのが難しい部分ですから、キャストに関しても本当に苦労されたのが伝わってきます…!

ちなみに監督、今回の制作にあたって、聖書のことばは読まれましたか?

読みましたよ!

特に箴言(しんげん)の箇所は大好きで、メモにしたりして書き留めました。

え!そうなんですか、嬉しい!

心に残った聖書のことばなどありますか?

いや、そこまでは流石に…(笑)でも、人間って同じことを繰り返しているんだ、というのは聖書を読んで思いましたね。

こんなに何百年前に言われていることを今だに繰り返してしまっているんだな、という。

監督はこの短い制作期間に聖書を読まれていて、それがすごく面白い導きだなと個人的には感じますね。

聴くドラマ聖書のリリースにあたり、聞いてくださる方への思いなどはありますか?

ぼく個人では、頭から最後までダウンロードするにしても、自分が興味のある箇所にフックを置いて聞く人が多いんじゃないかなと思うんですね。

これも聖書の言葉なんじゃないか?」と思うところもあって、そこから興味を持ったりもするので、そこから広がっていけばいいかなぁ〜と思ったりしています。

クリスチャンじゃない人でも楽しめるものになれば嬉しいですね。

 

レコーディングのお相手は、まさかの大物俳優!?

ちなみに、今決まっているレコーディングのキャストさんって・・・

見せていただくことできるんですか?

あぁ、大丈夫ですよ。

でもまだ公開前になるので、こっそりお願いしますね。

ペラッ

おぉおぉおおお!

このキャストさん、すごい!

小さい頃ずっとテレビで観てた人だ…。

え、え!?

こんなに豪華なキャスト陣が揃っている聴くドラマ聖書、完成が楽しみすぎる!

よければこの後、実際のレコーディングがありますけど見ていかれますか?

い、いいんですか!?

ーーー

というわけで、インタビューの後、実際にレコーディングの様子を見せてもらえることに。

なんかめっちゃドキドキするね…!

生のレコーディング現場ってみたことない…!

 

(今日のキャストさん入られま〜す)

 

ガチャッ

!!!!!

いち:レコーディングブースに本物の俳優さんが・・・!

テレビの人や…!

カンキ:うわわわわわわわ(ガクブル)



キャストさんがブースに入ったら、まずはレコーディング前に、キャストの方の希望によって、全員でお祈りをします。

(アーメン)

ノンクリ・クリスチャン関係なくお祈りをするのだそうですが、神の導きがあってこそのレコーディングだ、という認識をみんなが持つ空気感が伝わってきました。

レコーディングが始まると、さっきまでの和やかな雰囲気は一転。ピリリとした本番の緊張感に変わります。

か、監督、さっきまでの雰囲気と全然違う!

カッコいい…。

聖書に書いてある一言一句、全て漏らすことのないようにチェックしながら、レコーディングが進んでいきます。

先ほど監督が言っていた「句読点一つも、漏らすことができない」という大変さはここから

声を吹き込むキャストさんも、確認をするスタッフさんも、全員の心が一つとなっているからこそできることです。

私たちも固唾を飲んで、その様子を目に、耳に、心に焼き付けていきます。

いつも読んでいる聖書に「声」が吹き込まれることで、こんなに臨場感あふれるものになるんだね。

耳で聴くからさらに覚えやすいし、聖書のことばがスラスラ頭に入ってくる。

まるで目の前にその光景が広がっているみたい…。

 

レコーディングを終えて

なんというか、まさに「感無量」とはこのことでした。聴くドラマ聖書にかける熱量はもちろん、その他に財団の持つ理念にもとても賛同しましたね。

「クリスチャン」という生き方を伝えたい!と一口で言っても、それを伝える努力をしなきゃ誰にも伝わらない。

そのことをよく知っているからこその、今の活動一つ一つがあるのだと感じて、私もとても励まされましたね…。

伝統的な教え」や「伝えること」はあっても、時代は変化しているんだなって思いました。

クリスチャンであっても、ぼくみたいに聖書(文字)を読むことが苦手な人っていると思うんですよね。

今、財団 が制作している「聴くドラマ聖書」。

この「聴く聖書」によって、きっと多くの人に〝福音〟が届くはず。

そして、助け合いのコミュニティーが形成され、より良い社会に繋がると信じます。

日本G&M文化財団の皆さま、本日はありがとうございました!

この記事はぜひ財団の活動を広めるためにも、拡散していただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

写真:ナカムラ ヨシヒサ


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

プロテスタント・クリスチャン。旅しながら、キリスト教ネタを発信しています。現在29カ国 / トラベル × フリーランス / ライター兼カメラマン。海外トピック、旅、ワーホリ・留学、英語向上ノウハウなどについてブログを書いてます。