スポンサーリンク

    

当ブログの著者・松山歓己(まつやまかんき)の詳細プロフィールです。

 

簡単な自己紹介

かんきって誰?

24歳。
1993年1月3日大阪生まれ。

大学時代、休学制度を使って、

  • オーストラリア移住(2年)
  • 世界一周(1年)

合計3年間、海外で過ごしました。

 

帰国後、大学をおもいきって退学。

もともと自分がクリスチャンということもあり、教会に再び通い始めました。

しばらくの間、日本滞在&旅。そして、場所と時間に縛られず、旅をしながら仕事ができるフリーランス」という働き方に興味を持つ。

現在は、地方移住・多拠点生活も研究しながら、ブロガー / Webライター / フォトグラファーとして活動中

 

ざっくり経歴

簡単な経歴をご紹介いたします。

  • 1993年1月3日生まれ。AB型
  • 父、母、姉、妹と5人家族
  • 大阪府交野市(かたのし)で育つ
  • 小学生時代「宿題やったけど家に忘れました」連発
  • 中高はバスケ部所属。部活に明け暮れる
  • 大学は2年通った後、3年間休学する
  • オーストラリアに移住2年(2013/4〜2015/4)
  • カナダ横断+アメリカ大陸縦断1年(2015/4〜)
  • ペスコ・ベジタリアンになる(2016/1〜継続now)
  • 3年を経て日本帰国 → 大学退学(2016/4)
  • しばらく日本滞在 × 旅(ニート+バイト)
  • 田舎フリーランス養成講座を1ヶ月受講(2016/11)
  • オーストラリアに3ヶ月海外移住視察(〜2017/3)
  • ブロガー / Webライター / フォトグラファーとして活動中

 

訪れた国:27カ国(韓国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、カナダ、アメリカ、メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、エルサバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、ブラジル、モロッコ、オランダ、ドイツ、スイス、イタリア、トルコ)

 

ざっくり書くと、こんな感じです。

詳しく知りたい方は、このまま続けてお読み下さい。

 

今まで歩んできた人生

1993年1月3日

大阪府守口市に生まれました(6年間は守口市で育つ)

生まれた時から、ぼくの両親はクリスチャン。物心がないときから、毎週日曜日は教会に連れられていました。

小学校入学のタイミングに合わせ、大阪府交野市に引っ越し。

父、母、姉、妹と5人家族です。

姉は2つ上
妹は10個下

2012年〜
小さなチワワ(バンビ)が家族の一員に。

 

小学校時代

⬆︎細目で陰キャ(現在も細目…)

小学生からできるだけ存在を消しての登下校。

引っ越ししてきたので、最初は全然友だちができなかったんです。

子供のときから、人前に立つことが嫌いでした(今も苦手)

緊張しいで、本読みが自分に当たると、足がガクガク)) 声がぷるぷる…

基本的、シャイでビビリでしたね。

小4から「牧場物語」が大好きで、ひたすら牧場を作って出荷🐮🌾

▼田舎好きになったきっかけ。

 

中学時代(バスケに明け暮れる)

理解力が乏しいせいか、中学では全然勉強についていけず…

ゲームか、寝るかどちらかでしたね。

でも部活動ではバスケに夢中になり、毎日🏀明け暮れていました。

副キャプテンを任せていただき、今では懐かしい思い出です。

▼スラダンはバスケ部には絶対かかせないですよね。

 

高校受験では、その年に新しく開校する公立学校があることを知りました。

1期生になれる!✨」という響きにあこがれ必死こいて勉強。

なんとか合格し「北かわち皐ヶ丘高等学校」の1期生で入学でき大喜び。

 

高校時代

地元だけではなく、色んな地域から集まっていたのが新鮮。

高校時代もバスケ部に所属

高校では、自分よりも上手い人たちがゴロゴロ…

毎日必死にダムダムしてました🏀✨

高校でも副キャプテンをさせて頂き、この立ち位置が好きだそうです。

▼授業中にたくさん読んで勉強📖

 

アルバイトをはじめる

欲しい物ができる=お金が必要

ってことでバイトを始めました。

お好み焼きが好きだったので、お好み焼き屋で働くことに。

接客やキッチン業務など、社会勉強になったでしょう。

大学まで続け、ここでは4年近く働きましたね。

 

バイク(中免)の免許を取る

Kawasaki バリオスⅡ

祖父の影響でバイクに魅了されました。

高校に通いながら、免許を必死に取ろうと教習所に通っていたのが懐かしいです。

 

ギターにハマる

19(ジューク)やBUMP OF CHICKENが好きで、あこがれてギターを始めました🎸✨

バンドを組んでいた時期もあり、ライブハウスで演奏していたこともありましたね。

 

大学時代

大阪産業大学に入学。

興味のない授業を聞き、課題をして「なんの意味があるんやろ?」ってずっと疑問に思っていました。

 

スキューバーダイビング時代

大学時代にスキューバーダイビングにハマり、

福井や和歌山で講習を受け、潜っていました。

今では、レスキューの資格を持っています。

 

北海道一周🏍ツーリング

〜夏に祖父とバイク旅〜

初めての北海道でしたが、壮大な大地と自然を見ながらのツーリングは最高でしたね。

 

バックパッカーデビュー(ベトナム)

バックパック1つ背負って、ベトナムへ✈️

これが旅人になる大きなきっかけになりました。

19歳。一人で海外へ行くのは初めて。

英語も全くできないし、もちろんベトナム語も…

それでも、現地の人と触れ合い、ライフスタイルの違いを実際に見ることは、自分にとって大きな影響でした。

衣食住の違い、生活の違い、文化の違いなど…

ここから旅への興味がどんどんわいてきたんですね。

 

大学を休学する決意

大学では、ただ単位を取るためだけに来ている学生がほとんど。

友達つくって、遊んで、パチンコ行って、合コンして、飲み会して…

みたいな人がホントに多かったんですよ。

大学4年通い続ける意味…って何?」って真剣に考えはじめました。

もちろん日本で一般的に就職するのであれば、大卒という肩書きの重要性は十分承知。

それでも、大学の4年間という長い年月。

払う額と、学ぶ質と量の割合が合っていません

大学つまらないから中退!大学退学したぼくが語る人生の転機をつかむ方法

2016.11.27

 

ワーホリ決意=資金集め=バイト三昧

子供の頃からの夢だった海外移住

大学2年時にワーキングホリデービザの制度を知ったんですよ。

調べていくうちに、「これだ!」って思いましたね。

ワーキングホリデービザの制度

  • 学校が通える
  • 仕事もできる
  • 旅行もできる

そして、オーストラリアなら最大2年間も住めます。

オーストラリアでワーキングホリデー|ぼくがワーホリするために準備した6つのこと

2017.05.20

やりたいことができれば、止められない。

おもいきって、大学休学を決意

そこから約1年…

大学に通いながら、3つのバイトを掛け持って必死に資金を貯めましたね。

 

オーストラリアに移住(2013/4〜)

パースでのホストファミリー

2013年4月〜

オーストラリアでの生活が始まりました。

  • 語学学校(2ヶ月)
  • ホームステイ
  • シェアハウス
  • 仕事探し

などなど

最初は、英語環境に慣れるところからでしたね。

 

人生ではじめての農業・漁業

カナーボンという田舎の町に移動しました。

そこで、ファームの仕事を3ヶ月以上。

野菜や果物を植え、収穫したりと初めての畑仕事。

ピーマン、キュウリ、ズッキーニ、メロン、マンゴーなど

太陽の下で働き、野菜果物たちが成長していく姿を見るのは新鮮

農家さんの苦労や気持ちもわかり、いい経験になりましたね。

一緒に働いていた人たちも、ぼくと同じようなバックパッカー

ドイツ、フランス、ベルギー、オランダ

みんな国籍は別だったので、英語を使っての会話。

ここの生活で、英語がぐんっと伸びました。

 

漁業_陸なし生活(3週間)

カナーボンという町は漁業の仕事も盛んだったんですよね。

海での仕事は危険なため、「給料もかなり良い」とウワサを聞いたので…

ダンボールに「仕事を下さい!」と書いて、全ボートの船長に聞きまくったんです。

10時間以上待って、なんとか仕事をゲットできました!

そこから3週間。海の上での仕事⛵

(船酔いがヤバくて、毎日吐いてましたがw)

 

オーストラリアで車を購入

三菱・マグナ(ステーションワゴン)

お金もある程度たまったので、車を買いました。

人生で初めての自分の車を、まさか海外で買うなんて思ってもいませんでしたが(笑)

個人売買で AU2,400$ で取引したので、日本円で言うと当時のレートで22〜23万円くらいでしたね。

 

100万円と7ヶ月を使ってオーストラリアを一周制覇

オーストラリアの広い大地をラウンド(一周)するのが夢でした。

自分の車を買ったのは、この夢を実現するため!

たった7ヶ月で、約3万5千キロも走ったくらい。

日本の約22倍の大きさになるオーストラリアに圧倒されましたね。

様々な都市から地方に訪れ、国立公園、世界遺産をめぐりながら本気で一周しました。

一生の思い出です☺️

オーストラリア車でラウンド|期間と費用を大公開!完全一周するには?

2017.03.11

オーストラリアを出国する前に、

なんとか車を売りました(買ったときより〈AU200$〉高値で売れた💰)

 

ローカルカフェで働く

オーストラリアを一周し終わった後、貯めたお金もついに底を尽きました(笑)

のでっ

ラウンド中に一番気に入った町があったので、すぐさま戻りました。ラッキーなことに、そこでなんとか仕事を紹介していただけたんですよ。

現地のローカルカフェでの仕事💰

モーニング・ランチを作ったり、
パンやケーキを焼いたり🍞🍰

フロントでは英語での接客🍷
バリスタとしてコーヒーを学んだり☕

稼ぎながら、いろっんなことを学びましたね。

 

現地の小学校で日本のことを教える

カフェが休みの日には、近くの小学校に訪問しました🏫

オーストラリアの子供たちに、

日本語を教えたり🇯🇵

お寿司を一緒に作ったり🍣

日本の文化をシェアした経験、今でも忘れません。

 

カナダ横断+アメリカ縦断 2015/4〜(1年)

オーストラリアの後は、カナダにすぐ飛びました✈️

この1年は「」にフォーカス!🌏

カナダ、アメリカ、中米、南米を

 ー横断ー
 |縦断|

人に出会う」という旅のテーマに…

現地人のように旅をして、ローカルの家に泊まる。

そして、お金がかからない「究極の旅スタイル」

  • ヒッチハイク
  • カウチサーフィン
  • テント泊(野宿)

この3つを極めました👍⛺

移動費 / 宿泊費は、ほとんど0円ですから。

▲アラスカまでヒッチハイク👍
クマに遭遇し、襲われそうになったことも…🐻

それでも「かけがえのない出会い」がたくさんありました。

【完全保存版】お金をかけずに旅行する3つの秘訣を教えます!

2017.03.13

 

ベジタリアンになりました(2017/1〜)

2017年の1月からベジタリアン生活をしています。

前々からベジタリアンのことは、ある程度知っていました。

  1. 健康にやさしい
  2. 環境にやさいい
  3. 動物にやさいい

ベジタリアンになることで、これらの問題が改善されていくことは理解しました。

でも焼肉大好きな「肉食野郎」が、そんな突然ベジタリアンだなんて…

って思ってたんですけど。

南米コロンビアを旅していたとき、豚の解体を直視してしまいました。

これが自分の中で、衝撃的でショックだったんですよね。

動物好きなぼくにとって、豚も可愛い動物です。

「犬や猫は食べないのに、なんで豚や牛は食べるんだろ?」

それに加え、地球環境や飢餓問題に対しても真剣に考えました。

とりあえず「1ヶ月だけベジタリアン生活やってみよう」と始めたのがきっかけ。

それが今でも続いているんですよね🍅

肉食野郎がベジタリアンになって1年半。健康な人生を手にいれた!驚きの変化とは?

2017.03.24
動物の肉は食べませんが、魚介類は食す「ペスコ・ベジタリアン」です。

 

3年ぶりの日本(2016/4〜)

大学退学を決意

日本帰国後、休学していた大学を復学する予定でした。

あらゆる国を旅した3年間
様々な「生き方」や「教育環境」を見ました。

貧しい国から、豊かな国。
貧富の差は大きくあっても、みんな生きている

 

正解なんてない。

 

でも、

自分がしたくないと思うことに、莫大なお金と、膨大な時間を費やする必要はない。

そう感じました。

大卒という「肩書き」だけを得るために、興味のない勉強を続けることは、そんなに大切なことだろうか?

 

ぼくが選んだ大学・学部が悪かったでしょう。たしかに自分の失敗です。

でも、

失敗を、失敗のまま継続させることのほうが、後悔しませんか?

ぼくは「退学して良かった」って思っています。

 

日本アルプス登山

世界をたくさん周りました🌏

でも、母国である日本のことを全然知らない。

日本の山々、日本アルプス⛰

海外にも負けない、壮大な絶景を見たい…

日本アルプスを主に、1ヶ月ほど山にこもりました

  • 木曽山脈(中央アルプス)
  • 飛騨山脈(北アルプス)

南アルプスは登れなかったんですが、食料などザックに詰め、テン泊(テント泊)⛺

3,000m超えの山から眺める壮大な景色🗻

涙がでるほど…感動。

最高です(T_T)

ホントに山が好きなんだなぁって思いましたね。

▼そのときの動画📹

 

田舎フリーランス養成講座を受講

ーーーフリーランス

場所と時間に縛られない

  • 自由に仕事ができる?
  • 好きなことで飯が食える?
  • 旅をしながら仕事ができる?

そんな言葉だけは、聞いたことがありました。

でも実際、「どうやってパソコン1台で収益を出すんだ?」「どんな稼ぎ方があるのだろう?」と興味を持ちはじめました。

千葉で開催される「田舎フリーランス養成講座」をネットで発見。

ここのコンセプトは「IT × 田舎」のフリーランス。

ITに対して抵抗があったぼくは「田舎だったら克服できるチャンスかも!」とおもいきって受講。

講座内容

  • ブログ運営
  • Webライティング
  • アフィリエイト
  • デザイン
  • コーディング
地域関連

  • 古民家暮らし
  • リノベーション
  • 畑の開墾
  • ゲストハウス運営

などなど、

たくさんの講座+WSがあって、あっという間の1ヶ月でした。

現在の「旅 × フリーランス」はここから始まったのです。

▼詳しく知りたい方はこちら

まるも田舎フリーランス養成講座を受講!ニートから稼ぐフリーランスへ

2017.02.06

 

オーストラリアに3ヶ月滞在(移住視察)

トラベル × フリーランス

場所と時間に縛られず、仕事ができるメリット

海外での実践もかねて、再びオーストラリアに旅立ちました。

お気に入りの町への海外移住視察も考え…

12月〜3月までの3ヶ月間滞在。

オーストラリアは南半球なので夏の季節日本では極寒の冬ですよね?

寒い冬を避け続けて、今年で4年目になります。

自然豊かな環境と、好みの気候での生活は最高でしたね。

寒い冬が嫌い?脱出して暖かい南国へ!生活リズムが良くなる4つのメリット

2017.02.22

激安!オーストラリアまで往復4万5千円?エアアジアXを利用してみた。

2017.03.08

 

教会生活(クリスチャンとして生きる)

ぼくはクリスチャン家系として育ちました

でも全く神様やイエス・キリストを信じていなかった時期もあります。

単に興味がなかったし、宗教が原因でイジメられたことだって…

でも今は、信じています。

世界を旅して、色んなことがありました。

楽しかったことだけではありません。本気で死にそうになったことも…

その中でも優しい人に出会い、助けられました。

 「生きる」ということに真剣に向き合いました。

  • この世界とは?
  • 生きる目的とは?
  • 自分のルーツとは?

ぼくが最終的に辿りついたのは「宗教」というより、聖書に記されている言葉と歴史だったんですね。

 

子供のときから何度も聞いていました。

 

イエス・キリストが十字架でぼくの身代わりとなって死んでくださった。それによって全ての罪はゆるされた

 

このを、そのとき心から受け取ることができたんです。

ぼくは伝道師でもなく、牧師でもありません。

知らないことだらけで、本当に弱い人間…

それでも一人のクリスチャン」として歩んでいます。

※キリスト教は、宗教ではありません。

1つの「ライフスタイル」としてぼくは捉えています。

  icon-twitter イエス・キリストのフォローワーの1人

日本帰国後

教会に通い、聖書や礼拝について学んでいます⛪

様々なことを通して「クリスチャンという生き方」を一人でも多くの人に、シェアしていきたいと活動中。

クリスチャンの生きる目的とは?命をかけて伝える使命

2017.05.15

 

当メディア「ういみっく村」のテーマ

Q. ういみっく村とは?

「たいせつなきみ」という絵本にでてくる、木でできた小人たちの村のことです。

 

自分を好きになれない。

自分に自身が持てない人に、勇気や励ましを与えてくれる絵本です。 

 

他人がなんと言おうが、
周りがどう評価するなんて…

 

たいしたことじゃない

 

重要なことは、

 

誰かが、大切に想ってくれている

 

ということ。

生きることに対して、悩んで苦しんでいたぼくにとって、この本は救いでした。

このブログ(ういみっく村)を通して、「生きる」ということに真剣に向き合って発信していきたい。

ブログのジャンルは、

  • クリスチャン(キリスト教)
  • トラベル(旅、暮らし、国内外の情報)
  • ベジタリアン(健康、環境、動物愛護)
  • フリーランス(ブログ、スキル、働き方)
  • アウトドア(登山、キャンプ、自然、用品)

こんなことについて、発信していきます。

自分が経験してきたこと、悩んだこと、感じたことなど、ありのまま伝えていきます。

ぼくは、自分を好きになれませんでした。

自分に自身が持てない人間でした。

でも、今は違います。

  • 生きる目的を明確に持ちたい。
  • 旅をして、もっとこの世界を見たい。知りたい。
  • 「生きる」上で健康、環境、動物とも向き合う。
  • フリーランスでしっかり稼ぐ。好きなことで飯を食う。
  • 自然の中で生きたい(地方移住・拠点生活・田舎問題)

こんな発信する / 生きる目的を持っています。

ぼくのような経験でも、多くの人に伝えたい。

もし同じように悩んでいる人がいれば、自信を持って生きられるように背中を押したい。

そう願っています。

 

仕事の依頼

「ういみっく村」への記事広告、ライター執筆依頼もお受けしております。

料金などは、ご連絡いただきましたら詳細を送ります。

テレビ・雑誌・ラジオ・ネット番組などの出演依頼は随時お問い合わせ下さい。

教会関係での依頼は、交通費を支給して頂ければ奉仕させて頂きます。

その他以外でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

出張撮影カメラマンの依頼

出張撮影サービスをしています。

写真・動画撮影をご依頼したい方は、

▼詳しい詳細をお読み下さい。

松山歓己の出張カメラマン撮影(写真・動画・その他サービス満載)

2017.05.25

※全国どこでも出張可能

 

お問い合わせ

松山歓己へのお問い合わせ・ご質問などは以下からどうぞ。

>>お問い合わせフォームはここをクリック

※ツイッターやFacebook等SNSメッセージでも受け付けております。

 

SNSをフォロー

良かったらフォローしてあげて下さい。

最新情報お届けします♪

 icon-facebook-square Facebook

>>Kanki Matsuyamaの個人アカウントはこちら

▼ブログの新着記事やイベント情報などを発信してます。
 

 

 icon-twitter-square Twitter

ゆるいのから、真面目ツイート

日常生活を頻繁に更新しています。

>>かんき(@wemmick03)のツイートはこちら

 

 icon-instagram Instagram

#ファインダー越しの私の世界

世界中の絶景写真、是非見て下さい。

>>@kanki.photographyはこちら

 

プライバシーポリシー

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google

 

ーAdsenseー

『ういみっく村』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。

広告 – ポリシーと規約 – Google

 

ーAmazonアフィリエイトー

『ういみっく村』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


スポンサーリンク

1 個のコメント

  • こんにちは。
    はじめまして。

    私にとってキリスト教は、ライフスタイルでありフィロソフィです。
    あなたとは、一度お会いしなければと常々考えて(感じて)おりました。

    近日中に如何ですか?

    国内であれば、場所問いません。
    ご検討願います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA