英語ができるようになる?できない人の失敗する3つの典型パターン

スポンサーリンク

こんにちは。
オーストラリア在住のカンキです。

英語が話せるようになりたく、以前オーストラリアに短期留学とワーキングホリデーで2年間過ごし英語を勉強していました。

ワーキングホリデーとは?オーストラリアが日本人にダントツ人気がある3つの理由

2016.11.16

英語を伸ばしたいから留学・ワーホリに行く!」って人、最近より増えてきた気がしますが、終了間近に「あれ、英語ぜんぜん話せるようになっていない…やばい。このまま帰国したら恥をかいてしまうー!!!」って人

 

実際、結構います。

 

それに海外に2年5年10年と住んでいても、「実は英語そこまでできないんです。」って人が意外と多く、年数なんて関係ないのです!

そこで今回はオーストラリアに2年間ワーホリで過ごした経験がある僕が「留学・ワーホリに行っても英語が伸びない人の失敗する3つの典型パターン」を紹介したいと思います。

 

英語が伸びない理由1. 日本人の友達と仲良くなりすぎる人

StockSnap_V4YOGO3O2X

多くの人がやりがちな典型的な失敗例

わかってる!わかってる!私は日本人とは絶対からまない!」って出発前に言い張る人(僕もその1人でした)多いかと思いますが、実は現地での生活が始まるとこれを避けるのが意外と難しいのです。

実際英語ができない状態からの海外生活始めたては、『困ったことや、わからないこと』がたくさんでてきて誰かに自然と助けを求めてしまいます。そこで登場するのが親切で優しい日本人、言葉も通じるし頼りやすい、相手から「どうしたの?大丈夫?」って声をかけてくれる。(海外で困った日本人を見かけたら、ほっとけないお世話好きな人も多い

そこで話もはずみ、お互い気が合い、

 

仲良くなってしまった!!!!

 

▲ という典型的なパターンです。

最初は英語が話せないので、どうしても日本語が聞こえてきたら話したくなってしまいますよね。しかも日本人に話しかけられたら断りにくいのは事実。「すいません、わたしイングリッシュオンリーなので!」って頑固に断れたら逆にすごいと思いますが(笑)

友達ができることは素敵なこと、ですが!本気で英語を伸ばしたいのなら日本人との関わりはホドホドにすること、ポイントとしては『絡みは薄く、できる限り避ける』です。

仲良くなりすぎると、日本語ばっかりで英語が全く伸びない失敗する人が多い1番危ないパターン。

でも時には人生で一生繋がれる素敵な人との出会いもあるので、付き合う人の見極めは大切です!

 

英語が伸びない理由2. 日本食レストランで働く人

sushi-789820_1920

留学・ワーホリ中に仕事をされる方も多いかと思います(特にワーホリ)

▼そこで日本人がやりがちな失敗例

日本食レストランで働く

現在、日本食は世界で大絶賛されるほど人気がありどんどん増えてきています。アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドどこにいっても見かけるぐらい。そして日本語が話せる人は、空きがあればほぼ確実に採用されるほど簡単に仕事を見つけることができる日本人に人気な職場。

お客様は外国人なのでもちろん英語は使いますが、店長やスタッフほとんどが日本人です。せっかく海外生活しているのに日本語が通じる日本食レストランで仕事、日本とほとんど変わらないですよね。

お金がどうしても必要で」「ローカルの仕事が見つけれなくて」「英語ができないからまずは」ってよく聞きますが、英語を本気で伸ばしたい人にはオススメしません。

海外生活してまで日本の雰囲気で働く… 日本でできますよね?貴重な海外生活での時間の無駄使いだと僕は思います。英語ができなくてもローカルの仕事でネイティヴが使う英語を学ぶことが一番の近道。

 

英語が伸びない理由3. 日本語ネット依存症な人

StockSnap_ASZFYY6LWR

海外長期滞在になって会えない日本の家族が、友達が、彼女・彼氏が、恋しい!ってホームシックになる人、今はインターネットさえあれば簡単に連絡が取れる便利な世の中になりましたね。ですが毎日のようにLINEで電話したり、メール、SNSでの近況チェック《日本語ネット依存症》になってしまう人は要注意です。

英語を勉強しにきているのに日本語に費やしている時間のほうが長いなんて、英語が伸びないのも当たり前。日本語のネット依存は、英語を勉強するにあたって自分が想像している以上に進歩を妨げます。

英語向上のために「継続は力なり」って言いますよね?どんなに短い時間でも何度も脳に英語を刺激するのです。「日本語が話したい、読みたい、恋しい!」って気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえ『1日何分まで』など時間を決めたりして自分でいかに英語環境を作れるか工夫しましょう。

ネットで何か検索するときも日本語ではなく、英語で検索を入れて英語の記事を読むのはとても良い勉強法の1つでもあります。

英語を本気で伸ばしたいのなら、日本語を忘れるぐらい英語に没頭する時間を費やしてみましょう。

 

海外留学・ワーホリをして英語を伸ばすためには?

英語向上が目的でこれから『海外留学・ワーホリ』に行かれる人、もしくは現在されている人のため、こうなって欲しくない参考例をだしてみました。

どれだけ日本語を避けて、英語に費やできるかが英語向上の鍵となってきますね。

一度脳にある程度の英語環境が染み込めば自分にあった勉強法やノウハウなどがわかってきます。

それまで頑張ってストイックに日本語を忘れて英語に没頭してみましょう。

 


スポンサーリンク