冬が嫌いな人へ、4年間冬を経験していない旅人からのアドバイス「冬は暖かい南国で過ごせば?」

スポンサーリンク

 

こんにちは。

冬が大嫌いな旅人のカンキ(@wemmick03)です

もう今年も残りわずかですね。

あっという間にクリスマス、年越し、新年と…

そして1月から始まるのです…

極寒の

 

 

 

 

 

 

さっむ。

僕は冬が苦手です。いや、嫌いです。寒いのダメなんです、体質的に…

だから4年前に決心しました。

冬は温暖な場所で過ごそう」って

そこで今回は冬が嫌いな僕がこの4年間「冬」を避けてきた感想とアドバイスをお伝えします。

*あくまでも個人的な意見ですのでご了承ください。

 

北半球と南半球の季節?

world-map-42641_1280
 
少し理科のおさらいになりますが、簡単に説明すると
 
赤道より上が北半球
ーーーーーーーーー
赤道より下が南半球
 
日本は北半球に位置していますね。
 
逆に南極が太陽の方を向いているときは北半球の冬になるわけです。 南半球では北半球季節が反対になります。 つまり、北半球が夏のとき南半球は冬、北半球が冬のとき南半球は夏になります。 このように、季節の変化は地球の自転軸が傾いて太陽のまわりをまわっているためにおこります。

 

北半球が「冬」の時(12月〜2月)南半球では「夏」で、
南半球が「冬」の時(    7月〜9月)北半球では「夏」なのです!
 
そう!北半球と南半球は正反対の季節なのです!
 
よく友達に『オーストラリアは年中あったかくていいよなー』って言われますが、それは違います!7月〜9月に南の方にいれば普通に寒い。
 
 

過去3年の冬の過ごし方

  • 1年目 2014年 オーストラリア
    →パースでクリスマス、年越しを過ごしオーストラリア一周旅を始めた。

 

  • 2年目 2015年 オーストラリア
    →田舎のカフェで働いていた。

 

  • 3年目 2016年 コスタリカ
    →コスタリカの国立公園でジャングルを散策していた。

 

寒いのが嫌いな僕が一言で言うと最高でした。3年間ダウンジャケットや防寒着を身にまとった記憶がない(ただの自慢、いや自慢になってない)ですが上で述べた通り南半球も寒い冬があります、オーストラリアが冬の時は最北端の赤道付近で過ごしていたので冬を逃れられました。(赤道付近はほとんどの場所が年中通して暖かい)

2015年の夏は北半球のカナダ、アメリカで過ごしていたので暖かく、冬の到来と共に南へ下っていったので夏の繰り返しでした。

※冬に旅行をするのは大変です、荷物も防寒着によって多くなるし、何より寒いと外に出たくなくなるので、歩き回る観光には不適切な気候ですね。

 

冬のデメリット

  • 夏と比べて1日が短い
    日が昇るのが遅く、日が沈むのが早い。活動できる時間が少ない。以前僕が日本で働いてた時、日が昇る前7時に出勤1日中室内での仕事、17時18時に終わったとしても冬ならもう日が沈んでいる。太陽の光を浴びない生活。

 

  • 冬季うつ病
    普通のうつ病と異なり、冬季だけ限定で憂鬱な気分になる季節性感情障害、夕暮れが早くなるにつれ心に変化が現れ、気分が落ち込んで何もやる気がしなくなり、ひどい場合は日常生活にも支障をきたします。冬季うつ病では、うつ気分に加え、過食と眠気が特長。実際にこういった人も増えてきています。

 

  • 寒いと動きたくなくなる「何もしたくない病」にかかる。
    朝、布団から出るのが苦痛すぎる。活発力がなくなる、やる気が出ない。布団、こたつに入ってしまったら「何もしたくない病」にかかる。

 

  • 外に出たくない
    寒すぎる。気軽に外に出れない。マフラーや手袋と防寒着を装備しないと出れない。

 

  • 光熱費が高くなる
    夏と比べて冬は暖房や加湿器、こたつ、ヒーターなど使う電化製品の使用度が多く、暖房機器や給湯設備によっては、ガス代もかさむので電気代・光熱費は高くなる。

 

  • 太る
    室内で過ごすことが多くなるのと、食の管理ができない人はクリスマス・年末年始のイベントでケーキから餅から揚げ物が多く要注意ですね、寒いから運動しない、短期間で急激に太るのが現状。

 

▼ でも最近こんな素敵な経験をして『冬もいいな』と思った点もある、

by 食いしん坊ライター もぐら

薪ストーブで火を楽しむ。

「暑い」ではなく「暖かい」と言えるほっこり感。

家をもったら薪ストーブ(暖炉)は夢ですね。

 

本当にしたいのなら意外と実現できる

 

春夏秋は日本で良い気候を過ごし、冬はどこか温暖の地で過ごす計画を立てる。

(12〜2月) or (1〜3月)←冬脱出期間

個人的に3ヶ月ぐらいがちょうど良いと思う、最長3ヶ月ビザなしで滞在できる国も多いのと12月はそこまで寒くない or 3月は春に向けて暖かくなっていく極寒な1月・2月は絶対避けるべき!

日本で冬をだらだら過ごすなら、温暖な地に行って効率よく働く or 旅をする。

フリーランスで稼げる術を身につけていれば、『場所にとらわれず収入を確保することができる時代!

【2月/3月開催!】田舎フリーランス養成講座2017参加者募集!

▲ 田舎フリーランス養成講座来年は2月からのスタート!興味がある方は是非一度ご連絡を◯

 

まとめ

冬脱出をする人も実際に増えてきています。物件や生活する環境を確保していればそこまで苦難ではないし、日本なら九州の南部・離島や沖縄でも暖かいので人気な土地ですね。

 

もちろん冬は冬でいいところもいっぱいあるが、僕みたいに本当に寒いのが苦手(嫌い)な人は必ずたくさんいると思う。

 

本当に冬が嫌いで温暖な地を求めているなら行動あるのみです


そんな寒い冬を回避する生活、実現できなくはありません!

 

想像してみて下さい!あの極寒な寒さを、
そして布団に入るとあの「何もしたくない病」に感染する辛さを。

 

僕はそんな方々のサポートを全力でします!

ご質問等あればなんでも聞いてください。

そんなことで僕は昨夜(リアルに)
オーストラリアにやってきました←

僕は、今年で冬なし生活4年目突入します←
最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


スポンサーリンク