NEEWER TT560|おすすめ2,999円の激安ストロボが良すぎる件

スポンサーリンク

 

こんにちは。

フォトグラファーのかんき(@wemmick03)です。 

カメラ歴も1年以上経ちましたが、ストロボをまだ持っていなかったので、

 

かんき
そろそろストロボ欲しいなぁ

 

とつぶやきながら探していると、なんと3,000以内で買えるストロボを見つけました。Amazonでもかなり評判がよく、ストロボのカテゴリーでもベストセラー1位を常にキープしてる、

 

その名も!

 

NEEWERのTT560 フラッシュ・スピードライト

 

▼ コチラ

 

そして、ついに

買っちゃいました\(^q^)/

さっそくレビューしていきましょう。

スポンサーリンク

NEEWER TT560 フラッシュ・スピードライト 開封

カメラメーカー純正品だと数万円はするストロボ。

なんでこんなに安いんだ…

意外とちゃんとしてる。

Black × Red の箱かっこいい。

箱の中身はこんな感じ。

付属品

  1. ストロボ
  2. ポーチ
  3. 単独でおけるスタンド
  4. 説明書

NEEWERは中国の会社のようで、アメリカにも拠点があって通販で販売されているみたいです

説明書は英語だけ。

見なくてもわかりそう。

電源は単三電池が4本必要です。

※ 電池は付属されていません。

(アルカリマンガン乾電池/ニッケル・水素充電池使用可)

 

NEEWER TT560を設置

見た目は、普通にかっこいい。

3,000円には見えない。

スタンドをつけて建ててみた。

これで、天バン壁バンができる。

バウンス調整は、

上下0~90°

左右0~270°

こんな感じに動かすことが可能。

これで色んな角度から光をはなてます。

ディフューザーとキャッチライトバウンサー

上部を見ると引っ張れそうなツマミを発見

照射角をより広くしたり、上方向への光を反射させる効果があるようです。

操作はいたってシンプル

ONポタンを切り替える。

フラッシュは充電が始まります。

数秒後、充電インジケータが赤くになると、TT560は動作すること可能。

発光テストのために、テストボタンを押してください。

 

モード

  • Mモード:フラッシュをカメラホットシューに設置可能
  • S1モード:S1モードはスレーブフラッシュとして用いられる可能で、多種の照明効果が提供可能(マニュアルフラッシュに最適)
  • S2モード:S2モードはスレーブフラッシュとして用いられる可能で、多種の照明効果が提供可能

 

▼ 光量調整する+/-のボタン

8段階光量制御

(1/128,1/64,1/32,1/16,1/8,1/4,1/2,1/1)

 

NEEWER TT560を使ってみた

こちらは何もしていない状態。

影が目立ちますよね。

カメラ内蔵のフラッシュ

なぜか暗くなったけど…

8段階の光量で4を試す

明るすぎ

8段階光量で3を試す

まだ明るい

8段階光量で2を試す

うん、いいくらいの明るさ

8段階光量で1を試す

これくらいの明るさでもいい

 

ーーー感想

ストロボありとなしでと比べると、明るさ・光の柔らかさが全然違いますね。

 

NEEWER TT560 カメラに装着

愛用カメラ(Lumix G7)につけてみた。

ストロボ286gの重量でも、やっぱり慣れないですねw

ぼくのカメラの本体のみ重量は360g

…あんまり変わらない(笑)

まあカメラ自体に装着することはないと思いますが。

NEEWER TT560

Nikon,Canon,Pentax,Olympusなどに対応と記載されていますが、Panasonicでも可能でした

うん、ストロボ初心者には

つけちゃいたくなりますよね(笑)

 

 

まとめ

 

3,000円で買えるちゃんとした新品ストロボは「NEEWER TT560」くらいしかないですし、初心者にはシンプルで使いやすい

これで光の調整を学んでいくには、もってこいかと思いました。

とりあえずストロボに手をだしてみたい人は、買って損はないですね。

 

かんき
これでいいポートレートが撮れそうだ

 

▼ 3000円の激安ストロボはコチラ

 

▼ フラッシュ光を柔らかくする NEEWER TT560専用のディフューザー

 

▼ より柔らかい拡散光が必要ならディフューザー/ソフトボックス

 


スポンサーリンク