世界中を旅しながら稼ぐフリーランス #必要なものリスト

スポンサーリンク

 

こんにちは。

フリーランスのかんき(@wemmick03)です。

前回は「#いらない物リスト」を公開しましたが。

トラベルフリーランス松山歓己のいらない物リスト #いらない物リスト

2017.08.29

今回は、その逆「#必要なものリスト」というテーマで書いていきます。

 

旅しながら稼いでいるフリーランスの方って、実際どうやって収益を出しているのか気になりませんか?

ぼくは、旅人としてめっちゃ気になります。

そこで今回は、トラベルフリーランスでもあるぼくが「世界中を旅しながら稼ぐためには、何が必要なのか?

#必要なものリスト をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ブログ / サイト

旅をしながら稼いでいこう!って考えているのであれば「ブログ / サイト」は欠かせません。

理由は、

  • ブログはオンライン上での名刺
  • 旅行記はブログ(ネット上)に書く
  • ブログは、収益を出すための土台
  • ブログが自分の財産になっていく

 

旅行記を日記帳に書いていて、盗難や紛失があったときを想像してみて下さい。

全ての記録が消えてしまいますよね。

でも、ブログだったらパソコンを紛失しても関係ありません

どの端末からでもログインできますよね?データも残っています。

 

1. Googleアドセンス広告

最近では、ほとんどのブログやサイトで掲載されているGoogleアドセンス広告

アドセンス広告は、基本的に訪問者にクリックされる事で報酬が発生する広告です。

アドセンスは通常大きな収入源にはなりません。

ですが、読者が多くPV数がある程度あると、月2〜5万円ほど収益があるブロガーの方が多いです。

何もしなくても入るストック型収入で、月5万円は大きな収益ですよね。

 

2. アフィリエイト

アフィリエイト(Affiliate)の意味は「加入する・提携する・関係する」という意味。

自分の好きな商品をサイト / ブログで紹介。

訪問者がそれを購入する事でその企業から報酬(成功報酬)が支払われるという仕組みになっているんですよね。

旅行関連では、

  • ホテル
  • 航空券
  • 旅行保険
  • ポケットWi-Fi
  • 旅行商品

これらのジャンルが主流ではないかと。

いわゆる、紹介料です。

ぼくの周りでも、アフィリエイトだけで稼いでいる人がいます。

月50〜100万円の方もけっこうおられるので、アフィリエイトは収入源を増やす鍵ですよね。

ニッチな領域に専念して、アフィリエイトサイトを運営している人がどんどん増えてます。

 

3. プレス旅行

プレス旅行はホテルや、旅行会社、観光局などがブロガーに報酬を支払います。

ブロガーは、その地域のサービスや施設などの体験を記事やビデオ、写真などでシェア。

これぞ、旅しながら仕事って感じがしますよね☺️

有名ブロガーだとプレス旅行の報酬額は、10〜20万円が一般的な価格設定だそうです。

(中にはもっと多額を請求するブロガーもいるというウワサですが…)

 

4. スポンサーキャンペーン

企業にスポンサーを募るという方法。

スポンサー側にとっては宣伝が主な目的なので、

される側としては、

  • 資金
  • 物資
  • 滞在場所
  • 交通費

などの援助があるんですよね。

だから世界一周をする前に、たくさんの企業に企画を通す旅人がおられるんですよ。

企業協賛、個人協賛をどれだけ獲得できるかが、収入の大幅アップになりますからね。

要するに、「旅でこの商品を宣伝しますので、支援して下さい。

というのが、スポンサーを獲得するメリットです。

スポンサーリンク

5. ライティング

旅人でなくても、多くの方がやっている「Webライティング」。

旅人の場合、トラベルライターとも呼ばれています。

様々なWebメディア、旅行メディアの専属ライターとして執筆。

報酬額は記事やサイトによって異なりますが、1記事(2,000〜50,000円)ほどの報酬額が妥当ではないでしょうか。

自分の知名度が上がり、有名なサイトに記事を書くにつれ報酬額も上がっていきます。

簡単に始められるクラウドソーシング使って「ランサーズ」や「クラウドワークス」に登録して練習していくのがいいでしょう。

 

6. ソーシャルメディアプロモーション

企業はブロガーに「Twitter」 や「 Instagram」 のアカウント運営を任せることで報酬を支払うこともあります。

ブロガーは企業のアカウント運営を引き受け、自身の写真や想いを更新。

また、ブロガーはTwitterのチャットを運用するため雇用されることもあるんですね。

フォロワーと関連する製品やサービスについて、Twitter上での会話を任せられている仕事。

Twitterのチャットで、約3万円

また観光局の Instagram運用で約7万円ほど稼いでいると聞いたことがあります。

企業との契約・交渉次第で報酬額は変動するでしょう。

 

7. 写真 / 動画撮影

写真や動画を撮るスキルがあれば…

企業から撮影依頼を受け、その場所を訪れ撮影。

そのサービスに対して料金を請求できます。

  • 観光系の雑誌
  • 旅行系Webメディア

など、

企業の旅行ツアーなどの専属的な写真である場合。1日に5〜10万円を請求し、写真はすべて企業のものにるケースや。

1枚から写真を販売する場合。使用用途に応じて1万円〜5万円ほどの価格に設定しているなど。

色んなスタイルで仕事を獲得するカメラマンの方がおられます。

 

8. デジタル収入(電子書籍・note・オンラインサロン)

電子書籍は、一度製作すれば「不労収入源」となるのがメリットですよね。

最初は作成するのが慣れないかもしれません。

でも「いつか自分の本を出したい!」と思うのであれば、印税率20%ある電子書籍が収益を出すのに良いかと。

その他、有料コンテンツが配信できる新サービス「note(ノート)」や「オンラインサロン」を起ち上げるなど。

 

収入に繋げる方法は、たくさんあるんですよね。

 

さいごに

以上8つが、

世界中を旅しながら稼ぐ #必要なものリスト でした。

ブログ / サイトを作成して、

  1. Googleアドセンス広告
  2. アフィリエイト
  3. プレス旅行
  4. スポンサーキャンペーン
  5. ライティング
  6. ソーシャルメディアプロモーション
  7. 写真 / 動画撮影
  8. デジタル収入(電子書籍・note・オンラインサロン)

 

まず自分のブログ / サイトを作って下さい。

ワードプレスでの作成を推薦します。

どのテーマを使うか悩んだら「ストーク」がオススメ

↑これがアフィリエイトです。

(このボタンから飛んで、商品を購入するとぼくに報酬がはいる仕組)

 

世界中を旅をしながら稼ぐって、夢みたいな話ですよね?

でも多くの人が実現されていて、現実的にも可能なんです。

2番の「アフィリエイト」だけ集中的に収益を出すことができれば、それ以外のことはする必要がありません。

ストック型の収益を作るのは、最初は大変ですが…

でもそれが増えていけば、後は何もしなくても勝手に収益が入ってくきます

旅には、もってこいなシステムですよね。

できそうなことを、全てやってみるのもよし。

何事も「挑戦」してみないとわかりませんよね。

かんき
世界を旅しながら稼ぐぞー!

スポンサーリンク