Panasonic LUMIX G 42.5mm/F1.7が神レンズな理由。OLYMPUSと徹底比較レビュー

スポンサーリンク

 

こんにちは。

パナユーザーのカンキ(@wemmick03)です。

相棒のカメラは、ミラーレス一眼の「Panasonic LUMIX DMC-G7」を使用しています。

パナソニック LUMIX DMC-G7 を使用して1年!旅人が超おすすめするミラーレス一眼カメラ

2017.05.26
  • G7は、軽くて小型なおかつ高性能。
  • 重量たったの360gという超軽量。
  • 4Kフォト・動画も撮れる優れもの。

 

なのですが、、、

良いレンズがないと、その機能も活かせきりません!

ということで、

ネット上では神レンズとまでウワサされてる

中望遠単焦点レンズ「ルミックス G 42.5mm/ F1.7」を購入しましたので、早速レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

単焦点レンズ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH. / POWER O.I.S. 

単焦点の中望遠レンズ

  • 42.5mm → 85mm(35mm半換算)
  • F1.7は、キレイにボケて明るく撮れる。
  • 85mmは主にポートレート、ブツ撮り向き。

被写体を印象的に捉える、美しいボケ味の85m中望遠ポートレートレンズ

中古で買おうとしていたのですが、中古と新品の値段がそこまで変わりませんでした。

なので、Amazonで新品を¥31,494円で購入(2017/9.30)

 

▼ LUMIX G 42.5mm/F1.7に合うプロテクターはこちら

Amazonで、一番安い Kenkoのレンズフィルター(1,100円)を購入。

これで十分役目を果たしてくれます👍

 

OLYMPUSとの比較

このレンズと良く比較されているのが、

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

▼こちら

価格はAmazonで、¥25,452円ほど。

値段はそこまで差がありませんが、

LUMIX G 42.5mm/F1.7のほうが若干高い。

パナソニックとオリンパスの大きな違いは、最短撮影距離です。

パナソニックは31cmまで寄れるが、オリンパスは50cm。

最大撮影倍率は0.4倍 vs 0.22倍で、パナソニックのマクロ性能は圧勝ですね

LUMIX G 42.5mm/F1.7を使用してみた感じは、クローズアップ撮影や狭い場所で撮影するのに理想的

そしてAFはかなり速い

その他めだつ良い点は、

  • 開放から際立った解像力
  • 130gという軽量でコンパクト
  • スムーズなフォーカスリング
  • 光学式手ブレ補正

オリンパスには、手ブレ補正がないがパナソニックには「光学式手ブレ補正」がついています。

ここも大きな差ですよね。

スポンサーリンク

パナソニック LUMIX G 42.5mm/F1.7 を使ってみた

被写体が浮かび上がるようなボケ具合。

全体的には柔らかめのボケだが、ピント面はキリっとしてシャープ。

手ぶれ補正がついたマイクロフォーサーズでは、

か な り 最 強 な

ブツ撮り/ポートレートレンズだと思います。

そして、なんたって…

軽くて、小さい

バッグに1本入れておいても、スペースを取らない。

カメラに付けたままでも、超コンパクト。

ぷらっと持って、出かけたくなるようなレンズですね。

 

パナソニック LUMIX G 42.5mm/F1.7は、神レンズ?

少し使ってみた感想ですが、

LUMIX G 42.5mm/F1.7が神レンズと呼ばれる訳、

それは

  • 小さい
  • 軽い
  • 安い

この三拍子が揃って、尚、

31cmの最短距離
光学手ブレ補正がつく。

柔らかめのボケ + ピント面はキリっとしたシャープ

“神レンズ”と呼ばれる理由がわかってきました。

これから主にポートレート、ブツ撮りなど…

ガンガン撮っていきます📷✨

楽しみ〜\(^q^)/

 

▼ LUMIX G 42.5mm/F1.7←オススメです👍

 

▼ LUMIX G 42.5mm/F1.7に合うプロテクター

 

▼こちらの記事も良く読まれています。


スポンサーリンク