スポンサーリンク

 

こんにちは。

クリスチャン・ジャーナリストのかんき(@wemmick03)です。

消耗してます。

わたくし、もう既に

消耗しきっております。

なぜなら、

都会が大嫌いな、このぼくが…

東京都 新宿という

大都会🏢に足を踏み入れてしまいました…

消耗しすぎて、今にでも

顔面はち切れそうです。

今回、なぜ都会が苦手なのに、

東京都、しかも新宿のような所に来たのか?

それには理由があるのです。

.

.

.

ある日、

「何か面白いことないかな」と

スマホをぽちぽちしていると📱

▼こんなツイートが目に止まりました。👀

「イエスぱねえ マジ神すぎてワロタ ww」

 いいねの数:2万超え
リツイート数:3万超え

なんじゃこれww

後々、調べてみると東京にある「青山学院大学」の講演名だったそうで。

キャンパスの学生さんが撮った写真がバズったんらしい。

ぱねぇ感、めっちゃでてるw

誰がこんな講演するねん(笑)って思ったら

週刊「キリスト新聞」

新聞、屋さん?

.

.

.

き、気になるー。

一体どんなところなのか、

めっちゃ気になるー。

 

クリスチャンのぼくは、

気になって夜も眠れません!!😱

 

 

 

夢の中で、こんなことを

言われたような気が……

 

イエス様
新宿にあるキリスト新聞社に行ってきなさい

そこでどんな働きをしているか見てくるのじゃ

.

.

.

ってことで

はい、4F

株式会社 キリスト新聞社

やってきましたよ!✌

さっそく潜入していきたいと思います。

新聞の会社なんか行ったことないから緊張

う、薄暗えぇ…

ホントにここであってるのか。

(はい、そうですよ。ビビりですけどナニか?😒)

きっと大丈夫、ですよね。

勇気を出して、、、

レッツラゴー…

(↑24歳まあまあいい歳したおっさん

さて、それらしき扉が

ー株式会社 キリスト新聞社ー

ここですね。

絶対ここですよね?

(ノック20回くらいしたけど応答なし)

ってことで、

勝手に入っちゃいますね。

おじゃましまーす

(「失礼します」だろ普通。)

どなたかいませんかー

本当に入っちゃいますよー

(もう入ってるけど)

あのーーー

誰かいませんかー

(決して不法侵入ではありません)

.

.

.

おっ 来ましたか

待っていましたよ。

 

!?!?

ど…どちら様ですか!?

 

キリスト新聞社代表取締役社長の松谷 信司です。 

わたくし、こういう者です💳

人物紹介:松谷 信司さん

キリスト新聞社代表取締役社長・Ministry(ミニストリー)のイケメン編集長。新聞から電子書籍、スマホアプリからボドゲなど、幅広いジャンルであらゆる視点から、誰でも聖書・キリスト教に親しめるよう、様々な企画をし発表している革命的な編集長。「いのり☆フェスティバル」実行委員会代表でもある。Twitter:@macchan1109

人物紹介:かんき(松山 歓己)

フリーランスのライター&ブロガーでなんとか飯食ってるクリスチャン。最近、キリスト教のことをもっと発信していきたい!でもどうすれば?と悩みに悩んでいたところに「キリスト新聞社」を取材することになり、ぱねぇ話をいろいろ聞いて感銘を受けた24歳。Twitter:@wemmick03

(キリスト新聞の社…社長さん)。

あの、今回は「キリスト新聞社」が現在どのような活動をされているのか、是非ともお話を聞かせていただきたいのですが、

わかりました。ご説明しましょう。

こちらこそよろしくお願いします。

 

キリスト新聞社とは?

キリスト教でメジャーな新聞社と言えば、

  1. キリスト新聞
  2. カトリック新聞
  3. クリスチャン新聞

上の3社ですが、

今年で71年目(1946年創刊)を迎えた「キリスト新聞」は、3つの中で最も長い歴史をもつ新聞会社

カトリックやプロテスタントなど、教派を超えて国内外のキリスト教にまつわる最新情報をお届けしている、キリスト教専門紙です。

教会向け総合情報誌「Ministry」は、季刊として刊行されています。

 

早速質問してみた

「キリスト新聞」ってその名の通り、キリスト教関連の新聞を発行しているんですよね?ぼく全く新聞を読まないんでわかんないんですが…(スミマセン)

 

そうですね。以前は新聞だけでしたが、今はキリスト教界の最新ニュースを様々な形でお届けしています

 

新聞以外?と言いますと?

 

スマホアプリからカード・ボードゲーム漫画、そして7月から電子書籍もスタートしたところですね。

アプリにゲームに漫画?電子書籍まで?新聞の枠を超えてるじゃないですか(笑)

 

新聞も売れない世の中になってきていますからね、幅広い世代に見ていただく為には、ネットワークを生かしながら、より新しい時代に即したキリスト教のあり方を模索するために、必要な情報を網羅的に提供しています。

 

す…すごい、想像していた新聞社とは全然違います。今の時代に合ったやり方というか、最新テクノロジーまで駆使されていますね。

 

「より広く」「より深く」「より速く」「より鋭く」をモットーに、「キョウカイからセカイとジダイを読み解く情報紙」として、キリスト教徒の方だけに限らず、あらゆる読者にとっても益となる媒体を心がけていますから。

たしかに、キリスト教ってどっかしらオカルトチックというか、あやしい変なイメージを持たれがちですもんね。クリスチャンではない人に文章だけで伝えるのは、中々ハードルが高いって感じます。

 

そうですね。ぼくが入社した当初は、雑誌なども何もなかったので、今の時代は、新しい発信方法も増えて、以前よりも大分やりやすくなってきました。だからその偏見をなくすだけでも、全然違うと思います。

 

なるほど。子供から年配の方まで、幅広い年齢層に合わして、興味を示してもらいやすい情報を提供しているわけですね。

 

それと、初めて教会に行く人にも「キリスト新聞」を通したら、みんな網羅できるよ、最終的にキリスト教のことは、お堅い新聞から、ゆるいゲーム、アプリまでとりあえず一通りありますよっていうのが理想ですね。

しかも年齢層だけではなく、カトリック・正教・プロテスタントと特定の教派・教団に問わず、キリスト教の情報を発信し続けていることに驚きました。

 

初めて教会に行く人にとっては、教団・教派、ナニナニ派からとか、そういう区別もつかないし、とにかく教会に行きたいんだって気持ちをサポートしていくのが最優先かと。まずは知っていただくのが主目的ですからね。

 

たしかに。教団・教派は違っても、同じ神様を信じていますし、今は時代も変わりつつあるってのも感じます。それぞれの教会が協力し合い一致団結していくべきだなと考えさせられますね。

 

キリスト新聞リニューアル

斬新な キリ新へ 一新。

キリスト新聞社 〜創業71周年PR動画〜
#新聞が売れないこんな世の中じゃ

これまたスゴいPR動画ですね!コンテンツ内容もオモシロイです。「キリスト新聞」2017年7月から本紙リニューアルをされたそうですが、読者からの反応はどうですか?

 

7月から全面リニューアル、電子書籍も同時スタートしたので、以前までの「キリスト新聞」とはガラッと雰囲気も変わりましたが、嬉しい反応をいただいています。

 

 

たしかに、現代に合ったスタイルというか、新しさを感じます。この動画や新紙面、記事の中身を見れば、偏見を持った人たちでもキリスト教のイメージが変わるかもしれないですね。

 

新聞だけでは伝わりにくい部分を、もっと届けていければなと。そう願います。

 

「イエスぱねえ マジ神すぎてワロタ ww」

2016/10/21に青山学院大学で「イエスぱねえ マジ神すぎてワロタ ww」を講演タイトルに、400人程の大学生たちにメッセージを語ったと聞きましたが、当時の投稿のリツイート数は3万6千まで…やはり、かなり策を練って狙われたのですか?

いやいや、まさか。これは私のツイートじゃないですから、たまたまキャンパスで撮った学生さんがツイッターに上げたらそれがバズったという。

 

あ、そうだったんですか。でもかなりインパクトのある題ですよねw 自分もクリスチャンホームで、子供の時から教会で育ってきましたが、さすがに見たことないタイトルです(笑)

 

青山学院大学の月〜金曜日で行われたチャペルウィークの最終日だったので、しかも4人みなさん真面目なタイトルをつけて下さったおかげで、いい感じにオチになったのかと(笑) 看板の写真、この順番だったからってのもあって、ピンじゃ全然バスってなかったと思いますよ。

チャペルウィーク

青山学院大学で、著名なクリスチャンが講演を行う特別礼拝週間

 

この講演タイトルは、大学中退したぼくでも受けてみたいって思いますね(笑)

 

青山学院大学はミッション・スクール(キリスト教主義学校)なのですが、クリスチャンの学生はかなり少数派だと思います。キリスト教の授業が必修なんですね。だから全く興味がない、最初から寝る感じで来ている学生さん方も多いので、聞いてもらえるには、よほどの工夫が必要です。

 

そうなんですね。てっきりほとんどの学生さんは、クリスチャンかと思っていました。

 

少ないと思いますよ。そもそも国内のクリスチャン人口が1%未満ですから。その中でもクリスチャンであることを隠しながら、キャンパスライフを送っている人もいますからね。

そういう学生から講演後「キリスト教であることが恥ずかしくなくなりました」「お話しを聞いて、自分もキリスト教だって初めて言えるようになりました」って言っていただけたことは、嬉しい反応でしたね。

ぼくも学生の頃は、自分がクリスチャンだってことを言いたくなかったので、すごいわかります!松谷さんもそういう時期ってありましたか?

 

私も自分からそこまで「クリスチャンでした」ってあまり言えないタイプだったので、そういうので悩んで言えない学生がいたら、助けになれたらなという想いはありますね。

 

そうだったんですね。その悩みを抱えている方ってきっと多いかと…だから学生にとってこのような話を聞けるのは、スゴい励みになるかと思いますね。

 

学生相手に通じる言葉でなければ、届かないと思うんです。こういうこと言ってもいいんだ、やっていいんだとか、やっちゃダメだと信者ではない人、信者ももちろん思っているので、こんな教会もあるよと、お堅いイメージだけじゃないよと、クリスチャン・牧師も普通の人間だってわかるし、接してたら普通の会社員もいるし、よくも悪くも普通ですよと、間違えもしますよ。っていうのをまずは知ってもらえたらと思いますね。

でもあのタイトルを受け入れて下さった、青山学院大学は偉いと思います。「いやこんなんじゃダメです」とか「聖書の話をしてください」…聖書の話をしたんですけどね(笑) タイトルがあれだとダメって言う学校はいっぱいあると思いますよ。

 

 

神ゲー(カード/ボードゲーム・スマホアプリ)

バイブルハンター

青山学院大学でも紹介した「神ゲー」なんですが、

当社の「神ゲー」やられたことありますか?

神 ゲー?

・ 

バイブルハンター?

.

.

.

イエス・キリスト…

.

.

.

何なんですかこれ!見たことないです!

 

聖書を題材としたカードゲームです。遊びながら聖書の世界に親しめ、聖書の登場人物や言葉を覚えることができます。遊ぶ目的だけではなく、教育の場でも使用されているんですよ。

東北学院大学では、このゲームが教科書採用されて「聖書入門」の授業で使われています。授業中にゲームをやってその勝敗が成績に関係するという…クリスチャンでない学生でも、旧約聖書に登場するキャラクターと新約聖書に登場するキャラクターを1分以内に分けることができたり、楽しみながら聖書の知識が身につくんです。

す、すごい。。。

聖書の人物をキャラクター化して召喚。まさに「ネ申ゲー降臨」じゃないですか(笑) クリスチャンでない学生でも授業中にゲームを楽しみながら、聖書の知識が身につく。スゴい仕組みになってますね。

 

そうですね。このゲームがきっかけでもっと聖書のことを知りたいとか、教会に行ってみたい。そのような繋がりになれば嬉しいですね。

 

バイブルハンター

現在、バイブルハンターは3作あります。

  1. バイブルハンター
  2. バイブルハンター(アドベント)
  3. バイブルハンター(トリニティ)

 

聖書人狼 〜最後の晩餐〜

もしかして、これって人狼ですか?

 

はい、聖書版「人狼」です。プレイヤーはイエスや12弟子の1人となり、夜ごと「最後の晩餐」を繰り返します。イエスと12弟子は律法学者を追放できれば勝ち。律法学者はイエスを逮捕できれば勝ち。というようなゲームですね。

まさか聖書版の人狼があるなんて…これまた面白そうですね。基本のルールは普通の人狼と一緒ですか?

 

ただ裏切り者のユダだけ、アイテムカード(銀貨30枚)を引くと裏切ることができて勝利条件が変わったりと、わりと聖書にも忠実なゲームなんですよ。株式会社人狼にも公認していただき、「人狼的にも大丈夫なのか?」っていうのもプロの方に見ていただいているので、ゲーム的にも面白いかと。

 

最後の晩餐 裏切り者は誰だ

 

バイブルリーグ

こちらは、野球ボードゲームですよね?

 

そうです。聖書×野球×ボドゲ「聖書コレクション」シリーズ初のボードゲームです。

聖書をモチーフとした野球ボドゲw イエスやマリア様が選手ってのが面白いです(笑) 聖書と野球っていう素材なのに、イラストが可愛い!このギャップがまたいいですね。どうやって遊ぶんですか?

 

まず、聖書に登場する人物の中から9人を選び、「夢の球団」(ドリームチーム)を結成します。1打席ごとにナンバーカードを出しあって大小を見るだけのシンプルなルールなんですが、点数に関係なく勝敗が決まる特殊ルール「最後の審判」もあったりして、聖書ゲームならではのスタイルになっていますね。

 

バイブルリーグ

 

モーセの海割り(スマホアプリ)

パズル型アクションゲーム

コンセプトは「遊びながら聖書の世界に親しめる

旧約聖書「出エジプト記」に出てくる、モーセが海を割る有名なシーンをゲーム化。

子供から大人まで楽しめるシンプルなゲームになっていますが、ところどころ聖書の言葉がでてきたりして、キリスト教に親しめるようになっていますね。

 

▼ダウンロードはこちら

モーセの海割り

モーセの海割り
無料
posted with アプリーチ

 

ピューリたん(四コマ漫画)

ゆるふわ少女漫画「ピューリたん」

三つ編みおさげにメガネをかけた、キリスト教徒の女子中学生が主人公。

聖書の話や、教派の違いも楽しみながら学ぶことができる、日常系ゆるふわ4コマ。

 

アプリゲーム版もリリース

プロの声優に声を入れてもらおうと、クラウドファンディングで資金調達もされていたり。

「モーセの海割」に続くアプリゲーム第2段!新しい世代って感じがしますね。

 

▼そのゲームがなんと、8月1日にリリースされました!

教派擬人化学園 ピューリたん~チャペルにあつまれっ!~

教派擬人化学園 ピューリたん~チャペルにあつまれっ!~
無料
posted with アプリーチ

さっそくダウンロードしました!

「ピューリたん」が通う学校のチャペルには、あまり人が集まらないらしい。そこで一緒にチャペルに活気を取り戻していくストーリーゲーム

まだ始めたばかりですが、教会のアイテムや交換日記などもあり面白そうです。そして何よりキャラクターが可愛い

 

大切なのはポケモンより、聖書をモチーフにしたゲーム

これらのゲームは子供に人気だと思うのですが、反応はどうですか?

 

そうですね。もちろん子供には人気ですが、大人の方にもやっていただいています。特に子供は、どのみち教会に来てポケモンとか遊戯王とかやるわけだから、だったら聖書のゲームの方がいいじゃないですか。

 

たしかに…ぼくも教会でポケモンずっとやってました(笑)

 

でしょ?別にやってることは同じなんですよ、それはポケモンや遊戯王じゃないといけないわけでもないですし、聖書ゲームだったら自然と人物や言葉を覚えるのでね。

たしかにそうですね。

聖書ゲームってぼくからすると「スゴい、新しい!」って思うんですが、中にはそう思わないキリスト教徒の方もおられると思います。その辺りはどう乗り越えておられるのですか?

 

お堅い教会は、そもそもゲーム持ち込み禁止とかありますけどね。聖書ゲームってだけで「ふざけてる、聖典をもて遊ぶつもりか」とか、まあ何をやっても言われますが… それでもこういうゲームは必要とされているので、誰かがやらなきゃってそう思います。

 

たしかにぼくも子供の頃は、自ら行くのではなく親に連れられていたので、退屈な時間はずっと無意味なゲームをしてました。今は「こういう聖書ゲームがあったら良かったな」って思いますね。

 

改めて自分が育った教会環境も考えると、こういうゲームは一切なかったので。せいぜいカルタ、ぬりえ、スゴロクと何十年変わってないですもんね。ちっちゃい頃はね「ノアさんの方舟が動物さんいっぱい…」ってそれでいいんですけど、小学生以降になると,,, それじゃまずいと。通用しないから、そういうのじゃない、でもクールで面白いものがあったら生かされるはずだし、必要とされてるはずだと思い、聖書をモチーフにしたゲームなどを取り組んでいます。

 

オタク、引きこもり、ニートであろうが神様に愛されている

ぼく自信、オタク・引きこもり・ニートっていう時期もあったので誰にも言いたくない、教会では絶対バレたくなかったですね(笑) 教会でこういう表現はどう思いますか?

 

うーん。クリスチャンの中でも、自分がオタク趣味を持っているとか、アイドルが好きって必ずあると思います。そういうのってあまり教会の中では言いにくいじゃないですか?でも言いにくいのはおかしくて、そういうのはみんな好きで、人それぞれ好きなものがあるんですよ。それも含めて神様に愛されているんですから。

 

そうですよね。そう言われると教会でも「オタクだろうが、ニートだろうが、神様に愛されていることに変わりはないから関係ない」ってそう思えます。

 

スポーツができるから、頭が良いから愛されているのではなくて、キモいオタクだろうが、引きこもりだろうが、ニートだろうが全て被造物として神様に愛されているんですよ。

松谷さん、今日はありがとうございました!

 

おわりに

キリスト新聞・松谷さんの話を聞いて

心に残ったことは、

 

一人でも多くの人を救うため

たとえ侮辱され、批判を受けても

福音のためならどんなことでもする姿勢

 

どの世代にでも伝えることができるよう、あらゆる視点から物事を見て、幅広いジャンルを持って発信していることは「革命的」だなと思いました。

 

キリスト教と一口に言ってもいくつか宗派・教派がありますが、キリスト新聞は、教派を超え国内外の情報を届けてくれています。それが、教会一致団結への手助けになっているように感じました。

 

より多くの教会、いろんな人と繋がりを持って、いつか1つになる日が来るのではないかと、そう考えさせられます。

 

クリスチャンに対して、偏見を持った人たちの堅いイメージを「こんな教会もあるんだ」「こんなこと言ってもいいんだ」ということを知ってもらうための発言と行動に感動しました

 

そして何より、この取材を通して、どんな人でも神様に愛されている。それを届けていきたい、届け方なんてどうだっていい。

 

人それぞれ、神様から与えられたモノは違っているんです。ゲームやアニメが好きなことだって、誇れる立派な生き方だと感じました。

 

ぼくは自分のことが嫌いで、好きになれない時期がありました。でも神様がこんなぼくでも愛してくれている、ぼくのことを創造してくれたのかと気づいたとき、人生捨てたもんじゃないなと思えました。

 

自分のことが好きになれない人って、たくさんいると思うんですよね。でもどんな外見で、性格であろうが、自分が嫌いだとしても、みんな神様に愛されるために生まれたってこと知っていただければなと思います。

 

>>キリスト新聞の定期購読、電子版のお申し込みをしたい方は、

▼下のボタンから詳細が見れます。

 

 

聖書コレクション紹介

 

◆バイブルハンター

 

◆最後の晩餐 裏切り者は誰だ

 

◆バイブルリーグ

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

※取材写真は、カメラマンの大西知宏(@Tomo_camera)さんに撮っていただきました。


スポンサーリンク