カウチサーフィンで旅行?宿代0円!使い方を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは。旅ブロガーのカンキ(@wemmick03)です。

 

今回はあらゆる旅人向けサイトやアプリがある中で、僕が1番おすすめする旅人向けサイトを公開しちゃいます!

 

Couchsurfing(カウチサーフィン)とは?

2015-04-21-CS-une1

カウチサーフィン (The CouchSurfing Project) は、インターネット上の無料国際ホスピタリティー・コミュニティーであり、現在世界で最も大きなホスピタリティー・エクスチェンジ・ネットワークである。英語の「カウチ」(couch, 日本語で言うソファー)とサーフィンを併せた名称である。CSともいう。

海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。コミュニティーの軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まる。

引用元:カウチサーフィン – Wikipedia

なんか、よくわからないですね。

簡単に説明すると、世界中の旅人と繋がれるSNS、現在200カ国130万人の登録者

このウェブサイトを通して

  1. 知らない人の家に無料で泊まれる(ゲストまたはサーファー)
  2. 知らない人を自分家に無料で泊めてあげる(ホスト)

基本的にこの2種類に分かれます。

泊まる側がゲストまたはサーファーと呼び、泊めるてあげる側がホストと呼び合ってます。

海外旅行の滞在費を安く収めたい旅行者と、仕事や学校で忙しくなかなか旅行に行けなくても海外の人と交わりたい!滞在場所のの提供者から成立する両者にとって素晴らしい異文化交流ができる仕組みです。

なんか怪しくない?本当に無料なの?出会い系サイト?と思われる方もおられますが、

 

全く怪しくありません

 

ウェブサイト・プロフィールなどしっかりしているシステムなので安心して連絡できます。

 

カウチサーフィンの使い方

使い方はいたってシンプル。

寝どころを探す側はカウチサーフィンのサイト上で探している国、都市を検索すると

1.Accepting guest(引き受けてる)
2.Maybe accepting(多分引き受けられる)
3.Not accepting(引き受けていない)

▲ 種類どれかがついたプロフィールが出てきます。

そこからプロフィールを読んで興味ある人がいればまずカウチサーフィン上で連絡してみます。

例)簡単な自己紹介と泊まらせて欲しいことをアピール

ホストから返事が「いいよー」と返ってきた後は詳しく日時と待ち合わせ場所など決まれば成立です。

カウチサーフィン使用者の年齢層

1人でやられている学生から、カップル、家族、おじいちゃん、おばあちゃんと様々です。

女性の方で「ちょっと男の人と2人っきりは…」って方は家族やカップル女性だけのホストを選べばいいだけで問題ありません。

そしてレファレンス(泊まった人からの評価)もありますので、それも確認してからメッセージを送ることができますので安心。

 

カウチサーフィン|ゲスト・サーファーのメリットは?

1)無料で泊まれること

滞在費が削減できるのは旅を続けるためには最も大きなメリットではないでしょうか?

 

2)現地の地元の人との交流

ホテルと違い現地の人がどのように生活しているのかを感じれる、地元の人だからこそ知ってる穴場を教えてくれたり案内してくれる。

 

5)語学、英語のスキルアップ

世界中の方がやられているのでその国の言葉を現地の人から学ぶことができます。基本どの国も世界共通語の英語でのやりとなっておりますので英語力向上にも絶好のチャンスです。

 

4)コミュニケーション能力の向上

これはすごい身につくと思います!様々な年齢層で知らない人との交わりの連続は最初は戸惑いましたが、カウチサーフィンをやっている方はフレンドリーな人が多いこと!すぐに仲良くなれるノウハウを実感できました。

 

ホスト(滞在場所の提供者)のメリットは?

1)海外旅行をしていなくても、まるで海外にいる気分が味わえる。

海外からの旅人と話しているとありきたりなつまらない日常生活にも華やかになる!

 

2)自分はもちろん家族や友達に良い刺激になる。

インターナショナルな交わりが視野を広くする

ぼくの家庭の場合、自分以外英語を話すことができませんが、カウチサーフィンを通して家族や友達に英語を使ってみる良いきっかけになりました。

 

3)ゲストの国について文化や生活の違いを詳しく知ることができる。

とにかくお互いのことについて話します!語り明かします!

 

5)自分の町の新しい発見と日本の歴史と文化を改めて確認できる。

自分がいざ案内するときに知らなかったスポットや観光地が以外とでてくるものです。それと日本の事について質問されるので母国を紹介する良い勉強になりますね。

 

4)世界中に友達ができる。

泊めてあげたらゲストから「次はうちに泊まりにきてね」とほぼ100%言ってくれる。

それは、

行くしかないでしょ!

 

カウチサーフィンおすすめ機能と使い方

基本的な使い方は上で説明しましたが、その他おすすめする機能を紹介します。

1)Public Post

これは滞在場所を見つける方法の一つです。

先ほど説明したのは自分でホストを探して自分で連絡をする方法でしたが、これは都市別で誰でも滞在する予定をここにアピール(UP)できます。

例)来週からロンドンに一週間滞在する予定です、カウチサーフィンを通してロンドンでの生活を体験できたらなって思っていますのでホストを探しています。興味がある方はご連絡お願いします。

こんな感じで貼っておけば意外と連絡が「うち泊めれるよー!」とか「泊めれないけどランチでも一緒にどう?」などのメッセージがきます。

 

2)Events

これは誰でもイベントを企画できるのと、そのイベントに誰でも参加できてイベントの種類は地域によって本当にたくさんあります(CSミーティング、ピクニック、パーティー、音楽レッスン、ハイキング、ロードトリップなど)無限です!

特にランゲージエクスチェンジ(言語交換)のイベントは違う言語のネイティヴスピーカー同士が、それぞれの言語を学ぶのを助け合うという語学向上には最適な勉強方法です。

 

カウチサーフィンの特徴と注意点

1)英語でのやりとり

一応全て英語でのやりとりとなっていますが、英語が得意ではない旅人も多いのでそこは最低限の文とコミュニケーションでなんとかなります。

 

2)プロフィールをしっかり読むこと

ホストによって本当にそれぞれ違うので、空き部屋とベットがある家はプライベートルームがありますが、なければリビングでソファーや敷布団の上での宿泊ですので、それでもいいという人は大丈夫ですが、部屋の希望がある方はしっかり把握しておきましょう。(僕はカウチサーフィンでクイーンサイズのベットを使わせてもらったことや、床で寝たことも両方あります)

 

3)ホストによっておもてなしが全然違う

ホストによっては色んな場所に連れてってくれたり、ご飯を作ってくれたりと感動的なおもてなしをしてくれる方もいる一方、仕事で忙しいから好きにしといてね」って感んじもありますので、そこはレファレンスを見て今までの旅人の評価を読めばわかります。

 

4)リクエスト申請(基本1〜2週間前)

滞在日数の記載など、その人特有のハウスルールがあったりしますので不安なことがあれば正直にメッセージ

 

5)積極的にお手伝い

部屋は清潔に掃除洗い物は積極的に手伝う!何と言っても無料で泊めて頂いているのだからできるとこはお手伝い!

 

カウチサーフィンまとめ

ぼくは今ままでに40以上の家に泊まらせて頂き、10人ほど自分の家で旅人をホストしましたが悪い人には1人も出会っていません。みんな本当に素敵な人で僕は完全にカウチサーフィン中毒にかかってしまいましたね。

無料で泊まれることはもちろんメリットですが、

新しい人との出会い

現地での生活体験

世界中に家族と友達を作る

こんな目的で旅をするのはどうでしょうか?

また違った視線から新しい世界が見えるかもしれません。

 


スポンサーリンク